車をキレイに保つためにはガラスコートがオススメです

特殊なタイヤの選び方

車輪

スタッドレスタイヤの語源は、昔はタイヤの鋲がついたスパイクタイヤというものが主流でしたが、鋲がないタイヤが開発され、「スタッド=鋲(びょう)」が「レス=ない」という言葉からスタッドレスタイヤができました。スパイクタイヤはゴムタイヤに鋲を組み合わせてできているものに対して、スタッドレスタイヤはゴムのみです。ゴムのみということだけでいえば、もちろん通常のタイヤも同じです。では、何が通常のタイヤと異なるのでしょうか。正解は、ゴムの質です。通常のタイヤは、温まってくるとグリップ性能が高まるものですが、スタッドレスタイヤを履く条件は雪が降る気温なので、当然タイヤは冷たいままです。またゴムは冷たくなると硬化してしまいます。硬化することで本来のグリップ性能を失い、スリップしやすくなります。スタッドレスタイヤの場合、そのゴムが低温状態でも硬化せず、本来の性能を発揮できるよう特殊なゴムが使用されています。また、雪が降る気温では、当然凍結もしますので氷上を走ることになります。スタッドレスタイヤは氷上の上でも性能が発揮できるよう、生産時に硬いゴムも混ぜる事で氷面を引っ掻き走向できるようになっています。しかし、スタッドレスタイヤは通常のゴムとは異なる特殊なゴムを使用しているので、値段も高くなります。タイヤは基本的にサイズが大きくなればなるほどその値段も変わってきます。ホイールなどが純正のものであれば、社外のものよりもインチが小さいことがほとんどですので、装着するタイヤも安く済みます。雪道を運転する前に準備を整えた上で安全運転を心がけましょう。