車をキレイに保つためにはガラスコートがオススメです

車検切れの対処法

車内

車検がもうすぐで切れそうなのに、仕事や学校などの都合で工場へ行くことができずに車検切れになってしまった場合はどのようにしたらよいのでしょうか。車検切れになると、運転して工場まで行くことができません。その場合、工場に持っていくためには2通りの方法があります。1つ目は、車検を依頼する工場にキャリアカーで運んでもらうのをお願いすることです。工場に依頼すれば、サービスで取りにきてくれることもあります。2つ目は、市役所で仮ナンバーを発行してもらって、仮ナンバーで自走して運ぶことです。自治体によって値段も異なりますが、基本的に約600円ほどです。車検切れになったからといって、車検の料金が変わることはありません。ただ、違いは公道が走れるかどうかという点で、依頼する工場によっては搬送に料金がかかってくる可能性もあります。車検が切れる前に工場に出しましょう。
もし、車に全く乗らなくなって、放置していて車検切れになってしまったというのであれば、売ってしまうか廃車にした方がよいでしょう。車検を通すのであれば、ご自分で修理できる部分は修理をして車検に出すほうがお得になります。工場でやってもらう場合には工賃がかかってくるので、ご自分で直せる方は直してしまいましょう。車検は法律で2年に1回(新車購入時は購入後から3年後)と決まっています。車検は安全に公道を走るために検査を義務付けていますが、あくまで基準を満たしているかどうかの点検で壊れないかどうかを見るわけではないので、長く乗るためにはご自分で定期的にメンテナンスを行なうことが必要です。